閉じる
新生暁子
新生暁子先生のパワフル栄養講座

食べることで、元気に健康で、そして美しくなれる!! 管理栄養士としてアスリートの方々をサポートしてきた経験から、そんな食にまつわるetc.をご紹介します。

管理栄養士
新生暁子しんじょう ときこ

国立健康・栄養研究所の栄養教育プログラムで技術補助員として従事。2008年にはシドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子率いるチームQに加入し、栄養管理を担当。現在はフリーの管理栄養士として、栄養指導、レシピ本を出版するなど活躍中。

magico Beauty Topics vol.7

2017.10.03

同級生と差がつく!女性ホルモンを増やして若さをキープ

『美のホルモン』と『母のホルモン』の働きとは?

shinjo_vol7_01
ホルモンはカラダのさまざまな働きを調節する科学物質で、カラダの外側・内側で環境の変化が起きても、カラダの働きを常に一定に保ように働いています。ヒトのカラダには100種類以上のホルモンが存在し、それぞれの臓器で、それぞれ違った種類のホルモンが作られています。

その中でも女性ホルモンは卵巣で作られ、卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)として存在します。
これらのホルモンは月経の周期によって増減を繰り返します。しかし、これらのホルモンは、様々な要因で分泌量が減り、バランスを崩すことで心身にも影響を与えてしまうのです。

【エストロゲン】
コラーゲンの生成を促し、『美のホルモン』と言われます。卵巣で作られ、女性を妊娠できる状態にしてくれます。他にも以下効果が期待されます。
・肌や髪を美しくする
・骨を丈夫にする
・自律神経を安定させる
・記憶力を保つ
・食欲を抑制する

【プロゲステロン】
『母のホルモン』と呼ばれ、妊娠を維持する働きがあります。他にも以下効果が期待されます。
・体内の水分保持
・食欲増進
・体温をアップ
これらの女性ホルモンは生活習慣を整えることによって、改善されると言われています。
よく眠ることや、体内の血行を促し、ストレスを溜めない生活が大切です。
また、女性ホルモンを補う効果のある食品として、大豆イソフラボン(納豆・豆腐など)、たんぱく質(鶏ささみ・卵など)、鉄(レバー・牛乳など)、亜鉛(牡蠣やうなぎなど)、α-リノレン酸(エゴマ油や亜麻仁油など)があげられます。女性ホルモンは加齢とともに、分泌量が減ってしまうのは仕方のないことです。

しかし、生活・食習慣の改善などによって、ホルモンのバランスを整えることができ、美しさや健康をキープすることが出来ます。ぜひ、ご自身の生活に取り入れてみてくださいね。

 

女性ホルモンを整えるレシピ

Perilla oil
今回はエゴマ油を使ったレシピをご紹介します。
エゴマ油は、α-リノレン酸が豊富に含まれており、女性ホルモンのバランスを整えてくれるのに効果的です。
エゴマ油はそのまま使う方がオススメなので、今回はサラダにプラスしました。買うことの方が多いキムチですが、簡単に作ることの出来るキムチサラダです。

大根のキムチサラダ
材料(2人分)
大根 10cm長さ
ごまの葉 2枚
長ねぎ 6cm長
ツナ缶(油漬け) 1缶

A エゴマ油 大さじ1
A 粉唐辛子 小さじ1〜お好みで
A 塩 小さじ1/2〜
A 酢 小さじ1・1/2
A 砂糖 小さじ1
A おろしにんにく 小さじ1/4

作り方
1. 大根は5cm長さの拍子切り、ごまの葉はせん切り、長ねぎは斜め薄切りにする。ツナ缶の油はきっておく。
2. Aを合わせておく。
3. 1を2で和える。

さっぱり食べられるサラダですので、ぜひ作ってみてくださいね。

GRAZIA produced by magico

magico(マジコ)は2005年に生まれたヘルスビューティブランド。「ナチュラルヒール(自然治癒力)」をテーマに、インナービューティーをサポートするプロダクトの開発やヘルスビューティに関する正しい知識の普及活動を行っています。

magicoブランドサイト magico
中山式産業株式会社