閉じる
新生暁子
新生暁子先生のパワフル栄養講座

食べることで、元気に健康で、そして美しくなれる!! 管理栄養士としてアスリートの方々をサポートしてきた経験から、そんな食にまつわるetc.をご紹介します。

管理栄養士
新生暁子しんじょう ときこ

国立健康・栄養研究所の栄養教育プログラムで技術補助員として従事。2008年にはシドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子率いるチームQに加入し、栄養管理を担当。現在はフリーの管理栄養士として、栄養指導、レシピ本を出版するなど活躍中。

magico Beauty Topics vol.4

2017.06.06

ハリウッド女優も注目!スーパーフード「ケール」

アメリカでは定番のローカロリーヘルシーフード

shinjo-vol4_01
ケールと聞くと、青汁を思い浮かべる人が結構いるのではないでしょうか?
私たち日本人は、なかなかケールを生で手に入れる機会がありませんでしたが、最近、コンビニのサラダでも手に入れられるようになった非常に栄養価の高い野菜です。
ケールはアブラナ科の植物で、青々とした縮れ気味の葉が特徴的な野菜です。
そんなケールはローカロリーなので、ダイエットに最適で、美しさを維持するための食材として多くのハリウッド大女優たちも好んで食べているようです。アメリカではスーパーで当たり前に手に入るうえ、スムージーやサラダなど、ケールを使ったものがレストランやテイクアウトショップにも多くあり、今やヘルシーフードの定番となってきています。

 

栄養抜群!健やかな眠りを導いてくれるケール

ケールの栄養価は高く、ビタミン、ミネラル、食物繊維それぞれが豊富に含まれています。特に、目の健康を保つビタミンAや、活性酸素を取り除いてくれるビタミンEが多く含まれています。また、美肌や疲労回復のためのビタミンCや、イライラが気になる女性に必須のカルシウムも豊富に含まれているのが特徴です。その他にも食物繊維が豊富で、腸内環境を整えてくれます。
そして、ケールは睡眠ホルモンであるメラトニンの材料となるため、快眠に必要な食材とも言えます。メラトニンは日中の太陽の光を十分に浴びることで、体内で生成され、夜、眠るタイミングで多くなり自然と眠い状態にしてくれる物質です。現代社会では、なかなか日中に日光を浴びることもないので、メラトニンを多く含むケールを摂取することが快眠に繋がります。

 

ビタミンも効果的に摂取!レシピ

ケールはほとんどがサラダやスムージーなどで食べられていますが、今回はケールを加熱調理したレシピをご紹介します。ケールには、脂溶性のビタミンも含まれているので、油と一緒に摂ると、脂溶性のビタミンも効果的に摂取することができます。

shinjo-vol4_02

ケールとパクチーのチップス

材料
ケール 1束
パクチー 1束
オリーブオイル 大さじ2
塩 適量

作り方
1. ケールと、パクチーはよく洗って水気をとり、1口大に切って、ボウルに入れてよく混ぜ合わせておく。
2. 天板にクッキングシートを敷き、1をのせ、オリーブオイル、塩をかける。
3. 150度に予熱したオーブンに2を入れて、途中裏返しながら、乾燥するまで15~20分ほどオーブンで焼く。

とっても簡単にできる野菜チップスです。
小腹が空いたときにもぴったりです。ぜひ、作ってみてくださいね。

GRAZIA produced by magico

magico(マジコ)は2005年に生まれたヘルスビューティブランド。「ナチュラルヒール(自然治癒力)」をテーマに、インナービューティーをサポートするプロダクトの開発やヘルスビューティに関する正しい知識の普及活動を行っています。

magicoブランドサイト magico
中山式産業株式会社