閉じる
新生暁子
新生暁子先生のパワフル栄養講座

食べることで、元気に健康で、そして美しくなれる!! 管理栄養士としてアスリートの方々をサポートしてきた経験から、そんな食にまつわるetc.をご紹介します。

管理栄養士
新生暁子しんじょう ときこ

国立健康・栄養研究所の栄養教育プログラムで技術補助員として従事。2008年にはシドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子率いるチームQに加入し、栄養管理を担当。現在はフリーの管理栄養士として、栄養指導、レシピ本を出版するなど活躍中。

magico Beauty Topics vol.3

2017.05.16

紫外線が気になる季節に!シミをなかったことにする食材

シミを消す生活の前に、シミ予防が大切!

shinjoR-vol3_01
子どもの頃は、何も考えず、太陽の下で遊べたのに・・・もはや、太陽を避ける生活に。
シミは皮膚の奥にあるメラノサイトが、紫外線などによって刺激されて皮膚を守るために過剰にメラニンを生成して、肌に残った状態のこと。シミができるのは紫外線を浴びることや、加齢による新陳代謝の衰え、外傷やにきび痕など様々な原因があります。
そのため、私たちは、日焼け止めを念入りに塗り、日傘や帽子で太陽を遠ざけてしまいがちです。もちろん、夏の強烈な紫外線を浴びるのは危険ですが、日光浴は私たちにとって重要なことでもあるのです。

 

「日光浴+食事=健康・美容」を手に入れよう!

★セロトニン
幸せホルモンと呼ばれるセロトニンをしっかりと分泌するためには、光を浴びる必要があります。それには日光浴がぴったりなのです。イライラを防止して、ストレス解消のためにもセロトニンを分泌できるカラダに!!
おすすめ食材:乳製品、大豆製品、魚類、ナッツ類

★ビタミンD
ビタミンDはカルシウムの吸収をよくし、骨をつくるうえで欠かせない成分ですが、食事からだけではなく、日光浴により皮膚でもつくられます。
おすすめ食材:魚類、きのこ類など

★ビタミンC
シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制し、コラーゲンの生成を促進する働きがあります。しかし、ビタミンCは一定量以上を体内に蓄積できないのでこまめに摂取することがポイントです。
おすすめ食材:果物、野菜など

★ビタミンE
強力な抗酸化作用を持つビタミンE。肌の老化の大きな原因である活性酸素によるサビ(酸化)から守る働きあり。脂溶性のビタミンなので、摂取の仕方もポイントです。
おすすめ食材:ナッツ類、ゴマ、アボカド、うなぎ

 

シミ予防のレシピ

様々な食材を合わせれば出来るサラダは、しみ予防にぴったり。この時、必ずたんぱく源となる魚介類、肉類、大豆製品をプラスしましょう。
また、ナッツやゴマも効果的に使いましょう。

アボカドとトマトのツナサラダ
shinjoR-vol3_02
材料(2人分)
ツナ缶 1缶
アボカド 1/2個
トマト 1個
たまねぎ 1/4個
くるみ 4片
干しぶどう 大さじ1

ドレッシング
ヨーグルト 大さじ4
はちみつ 大さじ1
レモン汁 小さじ2
パクチー 1株(バジルやパセリでもOK)
塩・こしょう 適量

作り方
1. アボカド、トマトは1口大に切る。たまねぎはみじん切りにする。
2. 1とツナ缶、砕いたくるみ、干しぶどうを和える。
3. ドレッシングはパクチーを刻み、他の材料と合わせる。
4. 2と3を混ぜ合わせて皿に盛り付けて完成。

GRAZIA produced by magico

magico(マジコ)は中山式産業株式会社の健康美ブランド。「自然治癒力」をテーマに、インナービューティーをサポートする製品開発を実施。創業は1940年。当初から体内循環を活性化させることで健康に導くというコンセプトで健康製品を開発し続けています。

magicoブランドサイト magico
中山式産業株式会社