閉じる
清水春名
清水春名先生の美脚ライフ

脚の美しさは、歩き方や姿勢によって磨かれていくもの。つまり、誰でも、どんな時からでも美脚は目指せます。日常の動作と簡単エクササイズで美しく健康な脚を手に入れましょう。

ウォーキングスタイリスト
清水春名しみず はるな

実業団バレーボール選手としてプレー後、モデルとして活動。独自のウォーキング・ポージング・メソッドを確立し、プロ・アマ問わずウォーキング指導を展開中。

magico Beauty Topics vol.9

2017.05.09

キレイに差がつく! 立ち姿の基本

立ち方ひとつで着こなしや写真映りが変わる

shimizu_vol9_1

駅のホームで電車を待っていたり、横断歩道の信号待ちをしていたりするようなとき、周囲を見回すと、すごく素敵に見える人と、どこかだらしなく見える人がいますよね。それは、立ち方の違いによることが多いのをご存知ですか? スマホに意識を向けたり、ただぼんやりと立っていると、知らず知らずのうちにその人の立ち癖が出るものです。片足に重心をかけていたり、両足の膝とつま先が離れていたり、膝が伸びていなかったり…(図1参照)。そんな立ち癖は、だらしない感じがするだけでなく、老けた印象も与えます。とくにハイヒールを履いているときは、それが目立ちます。これでは、せっかくのハイヒールの「キレイ効果」(vol.7参照)も半減ですね。そんなことにならないよう、美しい立ち姿を身につけましょう。服の着こなしもグンと良くなるし、立食パーティや写真を撮るときにも差がつきますよ。もちろん、ハイヒール以外の靴のときでも応用できます。

shimizu_vol9_2

 

基本姿勢はももに紙1枚はさむイメージ

美しい立ち方の基本は、左右のももを、紙1枚挟むようなイメージで締めて立つこと。ももを締めると足全体がグッと近づくので、ひざ、ふくらはぎ、かかともくっつき、品が良くシャープな立ち姿になります。さらに、つま先を拳1つ分くらい広げると、お尻が引き締まり後ろ姿がスッキリするほか、足元の安定感が増してふらつきにくくなります。上半身がふらつく場合は、腹筋を意識すると安定します。shimizu_vol9_3

 

ちょっとしたコツでお悩みもカバー

基本の立ち方をマスターしたら、モデル風の美脚ポージングにもチャレンジしてみましょう。足の置き方や角度を少し変えるだけでよりスマートで女性らしい立ち姿になり、X脚やO脚もカバーしてくれます。

shimizu_vol9_4

基本姿勢から、片足を1歩後ろに引き、前後の足を隙間ができないように重ねます。引いた足のつま先を少し外側に開くと、安定してふらつきません。

 

shimizu_vol9_5

基本姿勢から、片足の膝を軽く曲げて内側に傾け、ふくらはぎが寄り添うようにします。かわいらしくエレガントな印象になります。

 

shimizu_vol9_6

基本姿勢から、片足を前に出してクロスさせます。足が細くスマートに見え、適度にリラックスした印象ですが、長時間続けると骨盤に負担がかかります。写真を撮るときなど短時間のポージングに。

 

なお、X脚やO脚は見た目が良くないだけでなく、放っておくと骨盤が歪み、膝、股関節、腰などに痛みが出るなどトラブルの原因にもなります。早めに医療機関で診察を受け、必要に応じて治療することをおすすめします。

GRAZIA produced by magico

magico(マジコ)は2005年に生まれたヘルスビューティブランド。「ナチュラルヒール(自然治癒力)」をテーマに、インナービューティーをサポートするプロダクトの開発やヘルスビューティに関する正しい知識の普及活動を行っています。

magicoブランドサイト magico
中山式産業株式会社